スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.07.13 (Sun)

家族のとる態度

過去の記録を振り返る長旅をしております。
初期の頃の掲示板にも いろいろと有益なお言葉が眠っておりまして
それを少しづつ掘り起こす作業をしたいと思っているところです。

まずは 2003年の3月の投稿なんですが、
ギャンブル依存の家族に対する精神科からのアドバイスだそうです。


<家族のとる態度>

1.本人に対する一切の思い込みを捨て、白紙に還る。
  意思が弱い 嘘つきである 本気でやめる気はない、好きでやっているんだ (などは間違い)

2.本人の不始末は本人自身にとらせる。保護的な介助はすべて有害である。

3.本人への過度な注意集中を避け、自分の問題に注意を向ける。

4.本人に対して監視的になったり、干渉的になったりしない。

5.本人の行動に一喜一憂しない。

6.孤立を避け、同じ問題を抱えた家族同士で集まる。

7.本人のギャンブル問題をやめさせようとして、脅したり、懇願したり、責めたり、非難したり、説教したりしない。

8.言ったことは実行し、できないことは言わない。
 (自分の本心だけを言う。実行する気もないのに、離婚するとか家出するとか言わない。言ったら必ず実行する。)

9.適切な機会をとらえて、本人の問題点を直視させる。

10.病院に過剰な期待を抱かない。本人を病院任せにしない。
 (病院は病気のこと、回復への道を教えるが、それを実行するのは本人。)

11.回復を信じて、暖かい目で見守る。
 結局、本人の行動を変えることは本人にしかできない、この件に関しては他人は無力であるということを理解する。
 「治療するなら家族は中途半端なかかわり方はしないで下さい。するならとことんかかわってください。」とも言われたとのこと。

これに対する感想というか見解が書き込まれたのですが 
ニュアンスが伝わるように原文のまま、コピーしてみます。

某Rさん。
>難しいよね。血の濃い間柄ならば、徹底的に付き合って、回復への道を目指そうと頑張るかもしれない。
でも、もともと赤の他人の夫と、果たしてこういう状況を付き合えるか・・・
それまでに、散々妻の神経痛めつけられてて、、、
恨み辛みの世界に入ってる私なんか、、、ここまで付き合うなんて、できない!!が本音だけど。
だって、既に1番ができないもの。
6は、そうそう!良いこと言うねと思ったし。
さらり釘刺しは、9番かなあ。
あくまで、参考と言う事で、、、
付き合うには、かなりの覚悟がいるよねぇ(仏心とか、キリストの境地ボランティア精神とか)

ちなみに某Rさんは 現在も離婚はせずにいらっしゃいます。

いくら精神科の医師からのアドバイスとはいえ、すべてその通りにするのがいいかというと
必ずしも そうとは言えないかもですよね。

↑のコピー文にもある通り、あくまで参考に、自分が納得できるところは取り入れて、
というスタンスがいいのかなとも思います。

確かに1番がすでに難しいですよね。
それと11番なのですが、、、

「ギャンブルをやめないから離婚はOK」
「ギャンブルをやめないけど それでもいいから離婚しないはOK」
「ギャンブルをやめるかもしれないから離婚しないはNG」

という定説からすると 少し違うのでしょうか?そうでもない?

う~ん。いずれにしても 難しい問題ですね。正解はないのかも・・・
掲示板にも この内容コピーしておきます。

スポンサーサイト
00:15  |  掲示板過去ログから  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11.03 (Fri)

借金が終わったって

Eさんの言葉シリーズパート4です。これがラスト!

パチンコや麻雀でいくら勝とうがあてようが
誰もよくやったエライ!よくぞ勝ち上がった!なんて誉めてくれもしなけりゃ
ましてや努力と修練の賜物と尊敬してくれるわけでもないのにね・・・。
早く気づいて方向転換しないと。

うちのバカ夫の借金は確かに終わったけれど
これからジャンジャン教育費もかかるし、親もトシを食う。
車はそろそろいい加減壊れかけてるし、
数年に1度くらい転勤だってある。
節約したりなんだりで貯蓄するにしろねぇ・・・
たまに思うんだよ。

借金払いは確かに終わったけれど・・・
イヨイヨ金がかかるようになる今後の生活を
一切の借金無しで載り切る為には、
まだまだ節約貧乏生活しないとなんないんだなぁ。

子供が小さい時期の貯蓄ができる期間を全部無駄にして
私の独身時代の貯蓄や共働き時代の収入まで食いつぶされて
ハッキリ言ってイイ迷惑って。

借金払いが終わったからって、責任を果たしたとか
反省や禊ぎが済んだとか思い上がらないでもらいたいものです<夫
まだ現在進行形で迷惑は続いております。

**********************************
とってもパワフルなEさんの言葉の数々。
今読んでもほんとにうなずきの連続ですな。
元気にしていらっしゃいますでしょうか。
もう借金問題からは卒業して 日々忙しくされてることと思います。
もしも もしも これを目にすることがありましたら
何か一声かけて下さると とっても喜びます。わし。
18:36  |  掲示板過去ログから  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11.03 (Fri)

夫がパチ&借金を辞めたワケ

Eさんの言葉パート3です。

本人に何回訊いてもイマイチ理路整然と答えてくれないのですが
おおまかに言って

1 家族も何もかも失う寸前のどん底に行きついた・・・
  という気持ちにとらわれたため

2 誰にでも出来るわけではないコトを身に付け
  大勢の人から認められるまでになったため

3 休日まるごとやってるほどパチが趣味って
  恥ずかしいことと思い始めた
  (好きでほどほどに楽しんでいる人ゴメンナサイ)

4 今まで自分が浪費していた金が本来どういう使われ方を
  されるべき金だったか知って大いに反省した

(4について 具体的にどうやって認識させたのか聞いたところ)

18:28  |  掲示板過去ログから  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11.03 (Fri)

客観的かつ辛口の説教

Eさんの言葉 パート2です。


うちは任意整理で借金の始末をつけたのですが
何が良かったかと言えば、専門家である人の口から夫に対して
忌憚の無い客観的かつ辛口の説教をしてもらえたことです。

嫁に「死ね」と言われるよりも、弁護士事務所の事務長や弁護士に
「奥さんと子供が可哀想でしたね・・・」とズケズケと言われるほうが効果的なようです。
ついでに過去の依頼者で
「借金だらけになり債務整理を依頼している途中で
 嫁さんからこれ以上一緒にいるのはもうたくさんだと、
 離婚したいと申し出られ、自営だったもんだから
 嫁に逃げられて事務が滞り親権を争う裁判。(これは負けたらしい)
 慰謝料と養育費を求める調停&裁判。
 そして債務整理と自営の仕事を畳む始末までしなくてはならなくなり
 メチャクチャに大変だったのでイマ思い出しても溜息が漏れる事例」とか。

「いい気になって女房子供に迷惑をかけ続けたはいいけれど
 成長した我が子に虐待寸前の目に合わされ
 やっと腰を上げたが家族には相手にされなくなり協力も仰げない事例」とか。

過去に経験した幾つかの地獄の事例について
語っていただけだことでしょうか^_^;

地獄の事例について語って頂けるかどうかはともかく、
弁護士事務所に通い借金を包み隠さず書類に書いて提出し
自分の力では始末し切れないことをやらかしたとシミジミ実感したほうが本人のためです。

あとね、個人的によく思うのだけど
感受性や人間性や価値観がガッチリと固まる年齢になる前に直さないと
どうしようもないみたいです。
(洗脳がまだ効く年頃程度ってことですね^_^;)

うちの借金癖を改めたアホ夫も言っています。
「借金癖を直すには弁護士事務所に行って始末をつけると同時に
 もう借りられなくしてその間に矯正するのが一番だ!コレ以外に無い!!」と^_^;


パート3に続きます・・・
18:19  |  掲示板過去ログから  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11.03 (Fri)

許せないなら

ちょっと前に 某Rさんのところで
以前よくパワフルな書き込みをして下さっていたEさんの話題が出ました。
私もずいぶんパワーもらったし 笑いももらったし。
Rさんとこで話題が出たのも何かの縁だし
過去ログから探してきました。

まずはその1です。

**********************************

(夫のことを)許せないのに許したふりなんぞしないってことです。
離婚を選ばなかったのだから許さなくてはならないとか
無理しても我慢して不満を言わない・・・なんて考えないです。
ザマーミロが足りてないから気が晴れないのです。
つまりはアッチの詫びの入れ方が足りないのです。

我が夫には「詫びの入れようが悪ければ今後も許さん」と言ってあります。
謝罪と反省を態度と行動で10年表したところで考えてやると^_^;
この10年ってのは多少まけてありますが私がひどく苦しんだ期間です。
ちなみに、夫名義の財産らしい財産はほとんどありません。
生活費を差し引いた分で私が今まで出させられたお金を返済して貰ってますから。
給料をこっちで管理してますので返済率はとてもいいです(笑)

ここまでするかどうかはともかく
自分の気持ちを偽って優等生になろうとしないこと。
自分で自分を追い詰めて苦しくなるだけです。
許せなければ、それはそれでいいんです。当たり前のことです。

私は高齢者の大勢いる集まりなどによく出かけますが
半世紀以上も前の出来事で、まだホットに怒る奥様なんてザラにいます。
品の良い大奥様がフッと、今現在の出来事のように愚痴をこぼすなんてしょっちゅうです。
で・・・よく様子を伺うと・・・
ちゃんと、なにかしらその奥様なりのザマーミロな報復のあとは伺えるんですね(笑)

パート2に続きます・・・
18:12  |  掲示板過去ログから  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。