スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2004.03.24 (Wed)

笑いのツボというよりも

最近 ちと気がついたことがあります。
先月の日記で 自分とアフロはテレビの趣味とか 笑うとこも違うし・・・ってなこと書きましたんですが。
笑うとこ違うというよりも 笑うのはほとんど私ばっか。
これはツボが違うんでなくて 笑いが起こるボーダーラインに差があるんだなと思うのです。

最近 仲間内でよく使う言葉で「笑いの閾値」ってのがあります。
「笑いの閾値」っていう表現 正しいのかどうかよくわからないんだが
(漢字もこれでよいのかどうか不安だけど・・・)
私なんかは かなり低い方で。
ちょっとしたことで すぐがははーーーって笑いが起こっちゃうのね。
これ 少女の頃からでありまして。
それこそ♪箸が転がってもおかしい♪ってな年頃は 大変なことになってました。だって~ 友達が笑いのネタたっくさん作るんですもん。

多分 私がぎゃははーーーって笑うとこで アフロはニヤリで済む程度。
同じところで けっこうニヤリとはしてるかも?です。

せっかくだから たくさん笑ったらいいじゃんね。
でも ヤツはそれはできん!と思ってるみたい。
いつだったか 「笑うのは体にいいんだってよー 作り笑いだとしても いいんだってよー」と言ったことがあるんです。
そしたら すっげーわざとらしく あはは!ってひと笑いしやがった。
それ すっごい嫌味ったらしかったぞ!!
いや~な空気が流れておりました・・・

それこそ 価値観の違いかもしれませんね。
スポンサーサイト
17:29  |  夫ネタ  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。