スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.26 (Sun)

自己管理

ダンナのこずかいの管理について。
我が家では今まで ちょこちょこ手渡し方式が定番になっていました。
渦中の頃は ほんとにちょこちょこ、数千円単位だったでしょうか。
それが 仕事も安定してきたら1万円づつになり。
ここ最近は2~3万円まとめ渡しをしたりという流れでした。

ですが 今さらか!という気もしますけれど 
完全に自己管理をしてもらうことに踏み切ろうかなと思っています。
というか やってみました。

本人としては ずっと長いこと小分け方式でやってきたから
それでもいいような雰囲気でしたけども。

ちょっとそのペースでやってこうと思います。

今までは まとまった額を手渡すと 一気に使ってしまうのでは・・・という思いが捨てきれず 
どうせ小分けでうまくいくなら そのままでいいやと続けてたんだけど。

確定申告の戻り金を ずっと使わないでストックしておく技を見につけたようだし。
(普通の人にとっては当たり前のことなんですけども・・・)
ここらへんで 一般家庭と同じようなことをしてみましょうかと思いました。

最近は 毎月の光熱費はどんな感じ?とか 家計にもちょっと興味を示してます。
それはいいことと思いながら 貯金して同居しようという気持ちになってるとしたら
ひえーーーーだ・・・とも思いつつ。(本来はそれも好ましいことなんでしょうけども・・・)

あまり取り越し苦労はしないようにしておきましょっと。(^^;)
スポンサーサイト
14:10  |  夫ネタ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.26 (Sun)

もう少し

このブログを見てくれている方の中には 出産経験がある方も多くいらっしゃると思います。
陣痛が始まってから出産に至るまでの時間は 当然のことながら個人差がありますよね。
陣痛が長引いてくれば 誰しも疲れますし まだか・・・まだか・・・と思うのは当然です。
家族がついていれば その方たちも同様にまだか・・・まだか・・・と待ち遠しいことと思います。

そんなわけで 長引けば疲れてイライラしてくるのも しょうがないかもしれない。
でも、なかなか出産まで至らないことを まるで私らスタッフのせいだといわんばかりの態度は
こちら側としてもつらいし 内心ピリリとした思いを抱かざるを得ないことがあります。

少し前のことですが なかなか生まれない人がいました。
予定日もけっこう過ぎてしまったので 陣痛を足して分娩を進めることになって。
ですが なかなか子宮口が開かないんですね。

でも 診察をするたびに どう?どう?進んだ?という期待いっぱいの態度で回答を求めるし
まったく変わってないわけでもなく 少し薄くなってきたり 赤ちゃんの頭が下がってきたりと
じわじわ変化はしていると思ったので・・・

少しづつですが進んでます。もう少しかかりますけどもね。
という感じで 説明をし続けたんです。

でも結果的には 私の勤務時間内には生まれず。子宮口もほとんど開かず。
ダンナと実のお母さんがついてたんだけど 特にダンナの方がなんとなくイライラしてきてるな、
という空気の悪さを感じたので とりあえず今の状況はこうでこうで 
いつ生まれるかの予測は難しいです・・・というような内容で解説をしてみました。
その時には わかりました、と一応納得した様子だったんですけどもね。

それから数時間後、次の勤務のスタッフに交代してからも状況は変わらなかったみたいで。
そのスタッフも当然のことながら もう少しかかるようです、とお伝えしたわけです。

そしたら ダンナがキレちゃって。

さっきからもう少しもう少しって言ってるけど もう少しっていつですか!
と言われたんだそうですわ。イライラが頂点に達してしまったんですね・・・

まあね。その気持ちもわからんではないけどさ。。。

その現場にあたったスタッフは 私の友人でもあり もうベテランなので
うまく説明して なんとか乗り切ることができたそうなんですけどもね。

私は話を聞いただけで なんだかとっても落ち込んだ気持ちになりました。

もう少しって言ったのが悪かったの?
まだまだですよって言った方がよかったの?

いやいや、言い方ばかりでなく 対応の面で問題ありだったか・・・
うむむむむ・・・ 

借金問題と同様に これでいいんだっていう正解は見つかりにくいことかもしれないですけどね。
産む本人、その家族のタイプによっても全く違うだろうしな~
あ、そういうところも 借金問題と一緒か。

この道20年を越えたけど いろんな面でまだまだですな。
13:44  |  つぶやきとかぼやき  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07.18 (Sat)

古い日記とか

何日か前の日記で 押入れの中のいらない洋服をたくさん処分した話を書きましたが
その後また停滞していました。何年も手をつけられずにいたところだったので
ものすごく大きな仕事をした気分になって その勢いを持続できなかったです。

でも今日は その日ほどではないけれども 大きなゴミを出しましたよ。
数日前に 押入れの中にある古い日記とか手紙とか入れてる袋を発見してたんです。
かれこれ20~30年くらい前のものですね。中高生の頃ってマメに日記書いてました。

当然のことながら 今と違って携帯もパソコンもないですから 手紙のやりとりもあってね。
筆不精という言葉がありますが 当時の私はけっこう筆マメな方だった気がします。

実はこの古い日記とか手紙。もうとっくに捨てたと思っていました。
実家の父が障害者になって 家をリフォームしたんですね。もう10年くらい前になるのかな?
その時に 日記&手紙がごっちゃり出てきたので 母がまとめてくれてました。
それを一旦私が持ち帰って そのまんまだったようです。
こないだ発見した時に あれ?これまだ捨ててなかったんだ!!と気がついたわけですね。

中を見ちゃうと また捨てられなくなると思ったのですが 一応ちらちらっとのぞいてみました。
いやはやこれがもうね。こっぱずかしいようなことばっかり書いてるんですよね。
意外にも 迷いなく捨てることができましたよ。

たぶん10年前に持ち帰ったときは 捨てるのを忘れてたこともあるけど
まだここまできっぱり捨てるふんぎりはついていなかったんだと思います。

よく片付けの本などに 捨てるかどうか迷った時には 一時ストックの箱を作って
そこにとりあえず保管しておく。また時期を見て捨てるかどうか考える。
みたいなことが書かれていますが やはりそれは正しいかも!と思えました。

ま、私の場合は10年もかかってますが こうやって時期が熟してすっきり捨てられたし。
スペース的には あまり空いてないんですけどもね。
せいぜい スーパーでもらう買い物袋程度ですんで。
でも 気持ち的には大きくスッキリしましたので よしとしよう。
11:32  |  つぶやきとかぼやき  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。