スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.25 (Fri)

2週間

父が亡くなって 2週間ちょっとたちました。
22日は 「ふたなのか」に当たる日でした。
初七日からさらに一週間たち だいぶいろんな面で落ち着いてきたように思います。

「ふたなのか」ということで 比較的近くに住む親戚が集まってくれて
芋の子汁やおふかしを作ってくれたり おいしい漬物を持ってきてくれたりと
楽しくわいわいと会食をしました。(あ、もちろんお墓参りもしてきましたよ。)

父も こんな雰囲気が好きだったので きっとこっそり参加していたことでしょう。
49日までは まだあちらとこちらを行ったり来たりする・・らしいですからね。

母はまだ時々ほろり模様の時がありますが(特にやさしい言葉をかけられるとダメみたい) 
だいぶ1人暮らしのペースができつつあるようです。
今もちゃんと父の介護ベットを使って寝ています。

車椅子は 近所の高齢の方にゆずったそうです。紙おむつは施設に寄付するとか。
家庭菜園の作業も いつものペースでやってましたね。
こないだは 庭にめずらしい柄の蝶が紛れこんできたと言って
カメラに収めていましたっけ。
ブログもそのうち再開できるといいですが まあゆっくりとですね。

そんな感じで 先週ブログを書いた時に比べたら ずいぶんと元気は出てきたかも。
私もいくらかほっとしているところです。気持ちもだいぶ落ち着いてきました。


前回の記事にコメントいただいた皆様 本当に心温まる言葉をありがとうございます。
お1人づつにお返事したいと思ったのですが とてつもなく長くなりそうですので
こちらでまとめさせていただきますね。

何回も読み返して薬にしましたよ。
経験からくるお言葉だったり 丁寧に言葉を選んで書いて下さったのが伝わり
本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました!!

実家にあまり行きすぎても迷惑なのか・・・だなんてねえ。
そんなわけないのに。
みなさんのお言葉を読んで あらためて行ける時には行こうという気持ちです。
アフォロも こっちは留守にしてもいいんだからと言ってくれているし。

多忙な時間が終わって 親戚もちょっとづついなくなって最後に私と母だけになった時。
どうもふたりっこの空気感に慣れなくて戸惑ってしまいました。
それもまた喪失感というものかもしれませんですね。

ランちゃんがいてくれて よかったです。
朝の散歩中の姿です。







スポンサーサイト
16:39  |  今日のできごと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.09.17 (Thu)

父永眠

9月9日 うちの父が亡くなりました。
病名は 心不全でしたが 入院後に起こした心筋梗塞が致命的だったようです。
入院して数日経過した頃 明け方に心停止して AEDを使ったそうです。
幸いその時はすぐに戻ったのですが それ以降は快方に向かうことはできませんでした。

諸悪の根源は 20年?30年?前からの糖尿病なんですね。
若い頃から大酒飲みだった父は 会社の検診で糖尿病の疑いがあるから
再検査が必要と言われてたのに 酒を飲みたいために それをずっと隠していたんだそうです。
口癖は どうせ早く死ぬからいいんだって。そんなわけで 発症の時期は不明ですって。

そんなこと言わずに ちゃんと治療していたら もっと長生きできたかもしれないですが
67歳の誕生日を迎えた2日後に 永眠してしまいました。

15年前、自宅階段から転落し 頚椎損傷という重い障害を背負ったために
母はずっと介護生活をしてきました。

地方公務員だった母なので できれば定年まで勤めたかったと思いますが
やはりそれは無理と判断し、数年早くに退職して それからは介護に専念してきたわけです。

10年前に同居していた祖母が亡くなり それ以降はずっと夫婦二人暮らしでした。
しかも 父は介護なしでは何もできないので 本当につきっきりの日々。

もちろん口ケンカもよくしていましたが 車椅子生活になってからも
あちこち車で出かけていましたし 自宅の車庫を使って 
父の酒飲み仲間や 母の友人たちを招いて バーベキューをしたりとか 
そこそこ楽しい老後生活を送っていたように思います。

パソコンを購入してからは 母もブログなんか始めたりして そちら方面のお友達も少しでき
オフ会っぽいことをやってみたりして。

スポーツ観戦が好きな父だったので 高校野球&プロ野球は毎日見てました。
特に今年は 地元花巻東が活躍したので 余計に張り切って見ていたようです。
相撲も毎日。マラソンも好きで 特に箱根駅伝などは 長時間にわたって見続けて。
当然 一緒に母も見ていて 二人でわいわい言いながら過ごしてましたっけ。

そんな日々だったので 父がいなくなってしまったら 母の生活は本当に手持ちぶさた・・・
昨日からは 最後まで残っていた私が自宅に戻ったので たった1人に。

昨日今日と電話で会話をしていますが 元気がないです。
って そんなの当たり前でしょうけれども。
1人になったら きっと めそめそ泣いちゃっているんでしょうね。
私も 誰かがいると気が紛れているけども 1人の時に ふいに寂しさが襲ってきて
めそめそしちゃうことが まだあります。

なんだか心配なので 明日もちょこっと行ってこようと思ってますが・・・

父が障害者になったので 自宅を増築しました。
食事以外は その増築部分で生活していたわけです。

1人になった母は そこで暮らしたくないと言いました。
光熱費がかかるから・・・と言い訳していたけど 父のことを思い出して辛いからでしょう。

それを聞いた母の弟嫁さんが 今までどおりの生活を続けた方がいいよ。
気持ちはわかるけど そこを克服した方がいいよ。とアドバイスしてくれて。

そっかな~と言いつつも その日からだったかな。
父が使っていた介護用ベットで寝るようになりました。
けっこう寝心地がいいもんだ。と笑ってました。

まだまだ元気出すには 時間がかかりますよね。
うつ病も 励ましは禁物という鉄則があるように こういった場面でも
元気出して、、、とか 何か趣味でも見つけて、、、とか言うのは 酷なように感じました。

私もできるかぎり 顔出しに行こうと思ってて 比較的普通に接しようかなと。
でも どうなんでしょうね。あまり行きすぎるのも 逆に迷惑かな。
自分なりのペースで 1人暮らしのペースを作っていくのも大事なのかな。

と、悩みながらも つい行ってしまいそうなんですが・・・

来年 1周忌を迎える頃には いくらか元気になってますように。
って、気が早すぎますかね。
18:26  |  つぶやきとかぼやき  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。