スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2014.07.13 (Sun)

家族のとる態度

過去の記録を振り返る長旅をしております。
初期の頃の掲示板にも いろいろと有益なお言葉が眠っておりまして
それを少しづつ掘り起こす作業をしたいと思っているところです。

まずは 2003年の3月の投稿なんですが、
ギャンブル依存の家族に対する精神科からのアドバイスだそうです。


<家族のとる態度>

1.本人に対する一切の思い込みを捨て、白紙に還る。
  意思が弱い 嘘つきである 本気でやめる気はない、好きでやっているんだ (などは間違い)

2.本人の不始末は本人自身にとらせる。保護的な介助はすべて有害である。

3.本人への過度な注意集中を避け、自分の問題に注意を向ける。

4.本人に対して監視的になったり、干渉的になったりしない。

5.本人の行動に一喜一憂しない。

6.孤立を避け、同じ問題を抱えた家族同士で集まる。

7.本人のギャンブル問題をやめさせようとして、脅したり、懇願したり、責めたり、非難したり、説教したりしない。

8.言ったことは実行し、できないことは言わない。
 (自分の本心だけを言う。実行する気もないのに、離婚するとか家出するとか言わない。言ったら必ず実行する。)

9.適切な機会をとらえて、本人の問題点を直視させる。

10.病院に過剰な期待を抱かない。本人を病院任せにしない。
 (病院は病気のこと、回復への道を教えるが、それを実行するのは本人。)

11.回復を信じて、暖かい目で見守る。
 結局、本人の行動を変えることは本人にしかできない、この件に関しては他人は無力であるということを理解する。
 「治療するなら家族は中途半端なかかわり方はしないで下さい。するならとことんかかわってください。」とも言われたとのこと。

これに対する感想というか見解が書き込まれたのですが 
ニュアンスが伝わるように原文のまま、コピーしてみます。

某Rさん。
>難しいよね。血の濃い間柄ならば、徹底的に付き合って、回復への道を目指そうと頑張るかもしれない。
でも、もともと赤の他人の夫と、果たしてこういう状況を付き合えるか・・・
それまでに、散々妻の神経痛めつけられてて、、、
恨み辛みの世界に入ってる私なんか、、、ここまで付き合うなんて、できない!!が本音だけど。
だって、既に1番ができないもの。
6は、そうそう!良いこと言うねと思ったし。
さらり釘刺しは、9番かなあ。
あくまで、参考と言う事で、、、
付き合うには、かなりの覚悟がいるよねぇ(仏心とか、キリストの境地ボランティア精神とか)

ちなみに某Rさんは 現在も離婚はせずにいらっしゃいます。

いくら精神科の医師からのアドバイスとはいえ、すべてその通りにするのがいいかというと
必ずしも そうとは言えないかもですよね。

↑のコピー文にもある通り、あくまで参考に、自分が納得できるところは取り入れて、
というスタンスがいいのかなとも思います。

確かに1番がすでに難しいですよね。
それと11番なのですが、、、

「ギャンブルをやめないから離婚はOK」
「ギャンブルをやめないけど それでもいいから離婚しないはOK」
「ギャンブルをやめるかもしれないから離婚しないはNG」

という定説からすると 少し違うのでしょうか?そうでもない?

う~ん。いずれにしても 難しい問題ですね。正解はないのかも・・・
掲示板にも この内容コピーしておきます。

スポンサーサイト
00:15  |  掲示板過去ログから  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.07.10 (Thu)

昔の記録

ここ最近、以前の掲示板とか サイト始めた当初の記録などを振り返ってみていたのですが 
本当に一番険悪だったと思われる時期の記録を読みまして(2003年8月頃)
とってもとっても不愉快な気持ちを思い出してしまいました。
(ちなみに このブログの左サイドにあるリンクの過去の日記というところにあります)

我ながら よくあの時に離婚しなかったよなーと思ってしまいました。
夫にこづかいというか生活費を1万円位とかすこーしづつ渡していたようで 
それが不便でいやだとごねたり、
何回も口うるさくお金使いすぎるな!と言われるから 
それもいやだ、子供じゃねーぞとごねたり。
そもそもこの時期も勝手に仕事をやめたようで 
それなのにそんな不平を言っている!

私も私で夫の問題なのに 自分のことのように躍起になっているんですよね。
パチンコ店の広告を毎朝即チェックして 捨てるっていうのが日課でした。
めんどくさーいことしてたんですよね。ま、少し後に 無駄なことと気づいてやめてますが。

ある時に もうダメだと思って実家に行けー!と命令を下してます。
夫も夫で 言われた通りに実家に来てやった、みたいなメールをよこしたり。

一人になって かなり現実的に離婚のことなど考えていたようだったけど
数日後には 夫が普通~にそろそろ実家も飽きたし、、くらいの感じで戻ってきて
はあーーー 私は一人で何をがんばっていたのか、、、と脱力、、、

そこからしばらくは もう何も考える気がしないってんで
離婚についても保留、お金を使おうが使うまいがどうでもいいやーと
すべて投げ出した気持ちになっていました。

そこからどうなって今に至るのかは また少し検証らしきこともしてみたいけど
本当に当時の自分は かわいそうですね。ってか 愚かだなあとも思ったり。

更年期にさしかかり あまりネガティブな感情を掘り起こすのもよくないので
またいずれ 気が向いたら振り返ってみたいと思います。
15:31  |  つぶやきとかぼやき  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2014.07.01 (Tue)

まー妻さん、お元気ですか?

ずっと参加できずにいた掲示板に 少しづつ参加するようになりました。
そしたら 何年も前に書きに来て下さっていた方が 
ありがたいことにまた来てくれました。
よく覚えていてくれたものだと感激しています。
本当にうれしく思います。

サイトを始めた10数年前とは ネット事情もずいぶんと変わりました。
今やHPやらブログやらというのを押しのけて 
ツイッターを始めとするSNSってんでしょうか。
そちら方面が主流となっているのでしょうかね。

でも SNS疲れという言葉もたまに聞きますが いろいろとめんどくさいこともありそうですね。
自分が若い時代に当たらなくてよかったよー なんて思います。
自分の都合のいいようにだけ使っていますのでね。全然マメじゃない使い方。
それだと楽だし、便利なものではあります。

それはさておき。
タイトルのまー妻さん。サイト開設したばかりの頃に参加して下さってました。
しかも1度だけですが お会いしたこともあったんですよねえ。
SMAPコンサートで上京した時にです。

まー妻さんは V6のファンでありましたが
私と会った近い日に SMAPのコンサートに行ったみたいでした。
友達からチケット譲られたとかで。

その時まだベビーカーに乗った小さい息子ちゃんを連れていたんですよね。
もうすでに中学生くらいになったんではないかなー

離婚した?する?あたりにお会いしたのですが まだお若い方でしたので
10年以上経過した今は もしや再婚もしていたりするのかなあと思ったり。

何よりも 私も今はV6を大好きになってるんですよーということを伝えたくて
ここで名指しで呼びかけております。まったく私情はさみすぎですね。

まー妻さんが まだファンかどうかもわからないし
まー妻という名前でここに参加したことも すでにお忘れかもしれないし。

奇跡的に思い出してくれて この記事を読んで下さったらば 
一声いただけるとうれしいです~

15:39  |  雑談  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2014.07.01 (Tue)

久しぶりに

こちらのブログ、サイト同様に長いこと放置してしまいました。
前回の記事が 地震のことでした。
ということは 軽く3年も放置でしたね。

掲示板に少し書くようになったら 前の感じを少しづつ思い出してきたので
せっかくだからこちらも 広告出っ放しなのも悲しいので 
月1くらいは書くようにしたいと思います。

夫の方は 以前働いていた飲食店が閉店となってしまってからは
長いこと仕事に恵まれず 主夫の時期が続いていました。
が、去年の後半くらいから 親戚の和食の店を手伝うという機会がめぐってきて 
不定期ではありますが、なんとかその仕事を継続することができております。

本当は どこかに就職できればいいのでしょうが、、、
年齢的なこともあったり 雇う側にしたら 多くの店を転々と移っているのが
どうしても気になるようでして 面接の時に指摘されることが何度かあった様子。
そりゃそうですよね。私も雇う立場だったら 気になります。

幸いにも パチンコをしたり 借金をしたりという行動は
ここ何年になるでしょう?かれこれ10年くらいはたつのかな。
ピタッとおさまっております。
私の中の猜疑心の発動は 今は皆無となりました。

専業主夫の時期には 毎月の生活費分をまとめて全額手渡していました。
パチンコに行く心配がある時期だったら ありえないことです。
1日で使う可能性が高いですのでね。
その心配をすることもなく 少ない生活費の中でやりくりができるようになっていました。

それと 昨日私の職場では これまた少ないながらもボーナスが支給されまして。
猜疑心と戦っていた時代には 夫にはボーナスの額を半分以下に伝えていました。
狙われると思うからに他なりません。
そんなことからも卒業し、本当の額を言えるようにもなりました。

私の収入と夫のバイト料を合わせたとしても 同じ年代の普通の家庭と比べたら
さぞ少ないことと思います。
しかしながら 扶養すべき子供がおらず、養うべきは猫娘1人。
この子がまた丈夫で13歳を迎えた今に至るまで ほとんど病気もせずにいてくれます。
よって 収入が少なくとも 日々の生活にはなんとか困らずに過ごせるし
私の唯一の趣味であるSMAP活動も 存分にとはいかずとも まずまずできるし。
(最近は岡田准一ブーム到来により V6活動も並行して行っていたり)

このまま平穏に暮らせたら まあいいかなと思っております。

うちの夫がなぜパチンコをせず、借金もしなくなったのか。
これの明確な理由がよくわかりません。
私自身も こうしたからだ、と思いあたるところが出てこず。

いつの日か 聞いてみたいと思いつつ
でも 触れずにおいた方もいいのかなとも思いつつ。

15:22  |  つぶやきとかぼやき  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。