スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.08.27 (Sun)

旧掲示板

以前ちょこっと予告しました通り サイト名を変更し 内容もちょっと追加しようと
ただいま準備中です。
過去の掲示板を参考にしたいと思って さきほどロムっていたら
なんと!例のURLの羅列カキコがものすごい量貼り付けされて
現行ログがすべてそれだけになっていました。
過去ログにも波及してて そうなるともう削除もできないような?
こういうのを避けようと思って 過去掲示板のリンクを外しておいたのに
こんな目に遭ってしまうとは・・・

大体 使っていない掲示板に貼り付けて 何の意味があるっていうのか。
まあしょうがないので 過去ログの旅を少しづつしていきます。

で、さっそくなんですが なるほどねーと思うようなカキコを発見。
カテゴリーにも「過去掲示板レビュー」ってのを追加して
ここでご紹介していきたいと思います。
勝手に引用させていただくわけなので 投稿者さんの名前は伏せることにします。
私の書きこみだ・・・と思われる方もいらっしゃいますかどうか?

【More・・・】

2003年9月の投稿から。

病気だから、私にも責任があるから、まだ愛情があるから、底つき感を感じてないから。

そう考えて、借金を繰り返す夫のそばを離れずにいる妻たちの気持ち。
本当に痛いほど分かります…。

でもね。罪の意識の麻痺した彼らにとって
そうやって「見せかけの穏やかな生活」を続ける事が
その麻痺を増長させてしまう危険性もあると思うのです。

日常生活の力って、思っている以上に影響力大ですよ。

彼らにしてみれば、
「たまにゴチャゴチャ言っているけど、とりあえず騒がないし、普通にご飯が食べられる」
「あいつも平気な顔しているんだから、こんな事はたいした事じゃないんだ」
「もっとヤバくなってから考えればいいや」
「離婚、離婚って言ったって、子供もいるし、あいつにはできっこない」
「夫婦は、連帯責任なんだから、助けてもらって当然だ」

こんな風に思われている気がするのです。
たとえ、妻が水面下で、のたうちまわって苦しんでいたとしても、です。

私は離婚していませんし、悩んでいる全ての妻たちに
離婚を勧めるわけではありません。

ただこうしたサイトを見ていて 本当に反省しているなぁと思った人は、

ギリギリで離婚を免れた人(両家の目の前での捺印の時に必死で謝ったそうです)
やっぱり離婚された人、自己破産して母親に泣きながら殴られた人。
失踪してた人、弁護士にだまされた人。
親戚全員の前で弁護士に怒られた人、自殺された人。

つまり「精神的に痛い目にあって、事の重大さに気づいた人」
のような気がしています。


引用は以上です。
何かの参考になればうれしく思います。
17:32  |  掲示板過去ログから  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

最近の記事+コメント

Twitter...A

カテゴリー

リンク

月別アーカイブ

RSSフィード

おすすめ

プロフィール

おすすめ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。